• ホーム
  • バイアグラは元々なんの薬だった?

バイアグラは元々なんの薬だった?

バイアグラは世界的に有名なED治療薬であり発売された当初は世界規模で大きく取り上げられましたが、バイアグラははじめからED治療を目的として開発されたという訳では無く、元々は別の目的の薬として開発されたのがきっかけで登場する事になりました。
それではバイアグラは元々何の薬であったのかというと狭心症に対する治療薬です。
狭心症の薬として臨床試験を行っていた際に、肝心の狭心症の治療効果としてはそれほど効果的であったという訳では無かったのですが、薬を患者から回収しようとした際に患者がなかなか返そうとしなかったのがきっかけとなっています。
どうして患者は薬を返したがらなかったのかというと、服用する事によって勃起状態を維持する効果があったからなのです。
それがきっかけとなってED治療薬として研究が行われるようになり、1996年には特許が認められて1998年になると遂に発売されるようになったのです。
当時のことを記憶している人であれば日本の報道でも大きく取り上げられたのも記憶に残っていると思われますが、アメリカで発売された直後は日本ではまだ承認されていませんでした。
日本の場合は医薬品に対しては非常に慎重であって、長い時間をかけた上で承認するかどうかを判断し、そうした事があるからこそ比較的安心して薬を服用する事が出来るのですが、その一方で他の国と比べて薬が世に出回るまでには時間が掛かり過ぎるという問題も抱えています。
そうした事もあっていち早くバイアグラを試してみたくて海外から個人輸入する人も現れたのですが、それが健康への問題にもつながりました。
そしてそうした状況に対応するためにも、日本でも異例の速さでバイアグラは承認される事となり、翌年の1999年には日本でも販売されるようになりました。

人気記事一覧
アーカイブ