橋の上で抱き合っているカップル

バイアグラの効果と言うのは性的な興奮状態を促す作用がある訳では無く、ED治療薬といっても服用したら勝手に勃起状態になってしまうという訳では無いです。
それではどのような効果があってEDに対して有効なのかについて説明をします。
勃起というのは性的な刺激を受ける事で脳の中枢神経が興奮し、それが陰茎部分に伝わる事で一酸化窒素が放出されます。
それによって血管が拡張されて陰茎内に大量の血液が流れ込み、血液が流れ込む事によって圧力が高まって静脈が圧迫されます。
この状態が勃起であり、静脈が圧迫される事で血液が流れ出ていかずに硬い状態をしばらくは維持し続ける事になります。
血管が拡張される際にはcGMPと呼ばれる物質が増加しているのですが、それを分解する酵素として海綿体内にはPDE5が存在しています。
PDE5の作用の方がcGMPよりも優位になると拡張された血管が収縮して勃起した状態が元の状態へと変化していくようになります。
そしてバイアグラの効果と言うのはPDE5の作用を抑制する効果であり、PDE5を抑制する事で勃起状態を維持しやすくなるのです。
つまり、性的な刺激を与えてやる必要があるという事はバイアグラを服用した場合でも変わらないです。
なお、バイアグラの持続時間については4,5時間程度となっています。
服用する際には空腹時であれば30分程度で効果が現れると言われていますが、大体性行為を行う1時間程度前に服用するのが望ましいと言われています。
単にそれだけならばそれほど服用するタイミングを気にする必要はないのですが、バイアグラは食事の影響を受けやすいという問題があります。
食事の影響に注意する場合は、効果が現れるまでの時間と持続時間の事も考えた上で服用するタイミングを考える必要があります。